サイト名               農業の創業をお手伝いします。野菜・キノコ・流通      冬虫夏草一括買取付き栽培           

ハウス・養液栽培

天候に左右されにくい、ビニールハウス/ガラスハウスを利用し、高品質の野菜を作るためには、水分と液肥を制御する「養液栽培」が理想的です。 潅水システムを導入して、液肥を管理します。
ここでは、①ハウス土耕、②ロックウール栽培、③ココバッグ栽培、④樽栽培をご紹介します。

露地栽培とハウス栽培4種の比較

項目/施設 露地 ハウス土耕 ロックウール ココバッグ
導入コスト ◎安い
収益性
栽培期間 2~3ヶ月 7~9ヶ月 8~10ヶ月 8~10ヶ月 8~10ヶ月
栽培技術
栽培環境

ハウス土耕栽培

ロックウール栽培

ココバッグ栽培

樽栽培
養液栽培全般のまとめ

[事業性]
①露地栽培と比較して、長期間栽培ができることで、果菜類(トマト、イチゴ、パプリカ、ズッキーニ、キュウリ)などの、実が連続して収穫する野菜に適しています。
②[収益性] 上記①の栽培期間が長いとこと、路地野菜の裏で栽培するので、路地ものがきれるころから

 
ページのトップへ戻る