サイト名               農業の創業をお手伝いします。野菜・キノコ・流通      冬虫夏草一括買取付き栽培           

一般的な就農の手順

行政に相談 都道府県
市町村など
就農相談
技術の習得 研修 農業大学、県や市町村、JAによる研修、民間の研修もある。
研修 期間 基本2年間/最低1年、実績のある生産者や技術のある事業者はそれ以下の期間もある
農地の確保 斡旋、調査 ・行政による斡旋
・農家からの紹介
・自己開拓
農地の整備 露地 整地、土壌の調査、水の確保
  ハウス施設 整備、暖房設備準備
資金の確保 自己資金
補助金
・融資を受ける。
就農給付金など

就農活動の課題は?

相談先の問題 慣行農法 行政やJAなどで、研修を受ける場合は、現在「慣行農法」といわれる一般的な栽培方法を学ぶことになります。
無農薬栽培をしたい 無農薬栽培を行うには、リスクやドリフト、出荷などの複数の問題があります。
自分で管理できるなら国の制度で「特別栽培・栽培期間中農薬不使用」を県に申請し、計画通りに栽培することで、認証をとる方法があります。
無農薬認証をとりたい わかりやすいものが「有機JAS」ですが、コストが高いのが難点。普通の農家では無理があります。
その他GAPやグローバルギャップの認証もありますが、いずれもコスト負担と栽培工程管理など労力がかかります。
高い技術の研修を受けたい 農業生産法人 企業化した農家や会社が経営する農業です。高品質の作物を納品先を確保して、高収益の農業を行っているところで研修を受けると、販路などの紹介も期待できます。
すぐ農業をしたい 兼業から サラリーマンをしながら、あるいは事業を行いながら農業を始める方法があります。
毎年、少しづつ拡張を計画します。
キノコ栽培は? 空き施設 空き施設で、キノコ栽培から始める方法もあります。
野菜などより栽培が簡単なことで、比較的手間のかからないキノコが候補です。
農地の問題 紹介など 高齢化で廃業する農家が増えていますが、農地は簡単には借りられません。地域で信用得ることが大事になってきます。
農地バンクや、民間の検索センターでも探すことはできます。
市町村に出向き、空き農地を探す方法もありますが、いずれも自分で交渉する必要があります。
農業創業の流れ
農業創業の流れ その2
儲かる農業例
担い手農家の実像
      sub-menu
一般的就農手順
就農の課題
就農の流れ1
就農の流れ2
儲かる農業例
担い手農家の実像
    
ページのトップへ戻る