サイト名               農業の創業をお手伝いします。野菜・キノコ・流通      冬虫夏草一括買取付き栽培           

樽栽培栽培

樽栽培で栽培中のトマト


鉄腕ダッシュで樽トマトが紹介されました

ロックウールやココバッグは欧州で生まれた養液栽培ですが、樽栽培は日本で開発された養液栽培の1つです。
植物工場の多くが、ロックウール主体になったことで、栽培者は少ないのが現状ですが、欧州型はコストも高く、 加工用野菜の栽培に適しているため、生食用の果菜類(トマトやナスなど実物)では、樽栽培が人気が出てきています。

  • 養液樽栽培

    培地は、ココバッグと同じやしガラ繊維やその他有機物が入っています。根張りが良く、酸素も多く供給され、栄養も多く吸収します。

  • 2018年5月27日 鉄腕ダッシュ「日野の樽トマト」

    銀行員から農業に転職の方の、トマトが紹介されました。甘くておいしいトマトです。

障碍者施設で高品質栽培

  • 〇〇県農業試験場に、樽容器をべたところ

    樽をハウスに並べて、潅水システムで液肥を送ります。樽で区画されますので、病害虫などの被害も最小被害で撤去できます。

  • 障碍者施設で収穫の様子

    障碍者の方が、おいしいトマトを作りました。幼稚園児がトマト狩りにも来てくれました。

樽栽培のメリット

①土壌障害がない(養液栽培共通)
②次年度の耕作作業が必要ない( 〃 )
③土の香りが維持できる(有機培地栽培ココバッグも同じ、ロックウールは無機培地で異なる)
④病害虫の被害を最小限にできる(共通)
⑤トラクターを買わなくてもいい(共通)

                      
 
  
      sub-menu
top
鉄腕ダッシュで紹介
メリット
          
ページのトップへ戻る