サイト名               農業の創業をお手伝いします。野菜・キノコ・流通      冬虫夏草一括買取付き栽培           

創業資金を借りる

金融機関 銀行 農業部門の融資は、苦手なところが多いのが現実です。
日本政策金融公庫 一般事業と農業部門とあります。農業の場合は、低金利・据え置き期間ありの優遇がありますが、農業者の資格がないと申請できません。
JA 地域農協では、農協の組合員である農業者もしは準組合員、あるいは親が組合員であることが必須条件ですが、一番借りにくいのが現実です。
農業者への近道 行政 行政による研修を受けると、2年程度で農業者の資格が得られ、融資制度をりようできるようになります。
農業収入 いずれかの形で、農業収入を得ることで、その年確定申告に農業所得を加え申請することで、農業者の資格をえることができます。
ただし、融資の条件としては、ある程度の農業収入があることが必要になってきます。
農業生産法人 決算 農業法人として、創業することで、県や市町村の創業資金などを借りることができたり、定期的な決算を作成することで、融資の資料として銀行と交渉することができ、可能性が広がります。
認定農業者 市町村 農業のプロとして認定される国の認定制度です。認定は市町村毎に基準が異なります。一般的には、農業収入がサラリーマン程度以上確保できていることが基準となっているようです。
認定農業者の資格を得るとスーパーL資金など優遇制度を利用できます。

弊社によるコンサル

弊社 農業 事業紹介、事業計画作成、農地調査など
サクセスクルー 申請補助 元大手都市銀行の方が起こした会社です。財務、経理と就労支援及び6次産業化を得意としております。
支援の流れ 準備書類 銀行に提出するのと同じ書類を準備します。
・確定申告書や決算書など、その他身分証明書など
計画を立てる ヒアリングを通じて、事業計画書を作成します。
収支予算書 事業計画書に基づき、月ごとの収支予算を作成します。
見直し 再度ヒアリングを行い、計画を見直します。
書類の形式を整える 申請する金融機関に合わせた、書類の形式に直します。
金融機関に打診 金融のプロ同志の打診や調整を行います。
本申請 訪問日決定 訪問日が決定したら、申請に出向きます。
レクチャー ご要望に応じて、申請前の準備や補足説明を行います。

製造業で申請

申請の準備 一般事業 融資を申請するには、「農業」もしくは「一般事業」で申し込みます。
農業 日本政策金融公庫
JA
銀行
一般事業 日本政策金融公庫
銀行
申請する事業 一部の農業 土を使わない農業

植物工場
植物工場は、製造業に分類できます。
野菜などを生産します。

高設栽培など
土以外の培地を利用する施設栽培は、簡易植物工場と規定できます。
野菜や花きの栽培を行います。

菌床キノコなど
原木を使わないキノコ栽培も簡易植物工場として、製造業に分類されます。

借入する場合の注意点

一般事業での融資 項目 農業での融資
不要 農地 必要(所有/賃貸)
原木・土を使わない作物 栽培作物 制限はなし
先例のある方が良い 申請する事業 技術のある事業
特になし 資格 農業者、認定新規農業者、認定農業者など
短期講習など 栽培技術 JAや農業大学などで、1~2年間の研修が必須
綿密な計画が必要 事業計画 農地や、栽培技術をもとに、計画
農業を理解している銀行は少ないため、先行例があったり、理解できる事業であることが必要な場合もあります。 銀行側から見て 農業担当部署が判断します。
      sub-menu
資金を借りる
弊社によるコンサル
製造業で申請
借入の際の注意
                                                                                                 
    
ページのトップへ戻る