サイト名               農業の創業をお手伝いします。野菜・キノコ・流通      冬虫夏草一括買取付き栽培           

椎茸栽培収益性の検証(栽培者1名体制)

設定 3000菌床 親切ビニールハウス栽培/事業主1名で栽培および販売の想定
ブロック菌床 2.5Kg 熟成菌床290円程度の仕入れ
菌床 A:筒形
B:座布団型
約1kgの菌床です。300円程度
座布団型の大き目の菌床です。500円前後
4ヶ月程度栽培できます。
栽培 8ヶ月間 9~4月の自然栽培(厳冬期1ヶ月はお休み)
収穫 初級スキル 初年度は初級スキルとして、800g/1菌床の収穫見込み 700g×3000個=2400Kg収穫
販売 200万円 生椎茸を全部卸販売
250万円 一部生椎茸小売り+生椎茸卸
3000万円 生シイタケ小売りの比率を増やす

生シイタケの販売は、パッケージの料金及び運送費がかかります。

 周年栽培ができる菌床椎茸栽培

■菌床シイタケ/コンテナハウス栽培

  • コンテナ栽培

    貨車などの中古コンテナを利用して栽培できます。コンテナの利点は「①リスクを分散できる。②気密性が高いので、湿度管理がしやすい。③また家庭用エアコンで温度管理ができる。」などがあります。

  • 菌床栽培利点

    シイタケは寒帯性のキノコなんので、夏場は栽培できないが、菌床栽培は周年栽培ができる。原木栽培に比べて、栽培管理が容易である。ただし、温度管理は経験が必要です。

  • 生シイタケで販売

    パック詰めの作業が必要ですが、生シイタケでスーパーなどで販売できます。余剰生産分は、乾燥すればいいので、ロスがありません。

  • 乾燥・加工

    試験栽培やスモール・スタートにはテント栽培も可能です。9月~4月まで栽培できます。
    真冬の時期は、暖房が必要ですので、菌床の休養に充てお休みします。

■菌床シイタケ/テント栽培

  • 試験栽培・テント栽培

    貨車などの中古コンテナを利用して栽培できます。コンテナの利点は「①リスクを分散できる。②気密性が高いので、湿度管理がしやすい。③また家庭用エアコンで温度管理ができる。」などがあります。

  • テント栽培概要

    2重ハウスや庇をつけて、直に雨が当たらないようにします。適度に空気が入るので、椎茸の呼吸にも適しています。朝夕湿度を与えれば育ちます。適度な遮光もあり、栽培しやすいのが特徴です。

栽培事業概要

施設 コンテナ コンテナ20ft(6m)、40ft(12m)
設備 空調 家庭用エアコン1台で温度管理可能、
菌床 A:筒形
B:座布団型
約1kgの菌床です。300円程度
座布団型の大き目の菌床です。500円前後
4ヶ月程度栽培できます。
栽培時期 周年栽培 年間通して栽培できます。
栽培技術 初級~上級 主に温度管理に技術が必要です。発芽も温度の上下が必要です。
栽培のポイント 温度管理 寒帯性のキノコです。自然界では、11月~1月収穫できます。発芽までは、温度の上下と調整し、水分をよく与えないといけません。上級スキルでは発芽、生育、の温度管理をマスターする必要があります。
照明 LED照明も利用できます。

販売について

流通は自己開拓です。
販売は容易

一番消費されているキノコなので、販売は容易です。

■スーパーなど店置き

干物でなければ、比較的容易に店置きしてくれます。
競合他業者も多いので、価格設定の検討が必要です。 売れ残りなどは、乾燥品やパウダーにして販売、ネット販売もできます。

      sub-menu
収益性の検証
椎茸コンテナハウス栽培
椎茸テント栽培
概要
販売
 
ページのトップへ戻る