サイト名               農業の創業をお手伝いします。野菜・キノコ・流通      冬虫夏草一括買取付き栽培           

農地を借りる

農地を借りるには、農業者であることが必要です。


農業者

税務署にて、農業所得を申告し、確定申告することが必要です。

認定新規農業者

市町村で認定を受けます。

認定農業者

農業収入だけで成り立っている農業者の認定を、各市町村が行います。
プロの農業者との意味になります。

農地所有的確法人

(旧名称)農業生産法人
農地法により農地を所有・賃貸できるのが、農地所有的確法人です。

農業委員会

実際に、農地を借りる場合は、地域の農業委員会の許認可が必要です。

農業委員

各市町村には、農業委員会があり、各ブロックに分かれた農業委員がおられます。

地域の信頼が大事

地域の方に、信頼を得るために、地域の活動に協力したり、農家に研修にいったり、お手伝いしたりして、信頼を得ていくことで、 いい農地候補を、教えてくれたりします。

耕作放棄地

農家の高齢化により耕作放棄地は多くなってきています。
条件のよい農地は、地域の方が借りたり、所有したりしますので、少し条件の悪い土地は、耕作されないところがあります。

地域行政

地域の市町村役場に行くと、農業関係の部署で、リストを閲覧できるところもあります。

整地が必要な場合が多い

耕作放棄地は、長年耕作されていない場合、静置や土壌改良が必要な場合があります。

栽培可能な作物

・薬草・・・収穫まで2年以上かかる場合が多い。
・陰性植物・・・日陰の場所も多いため、ラン、ミズヒキなどの樹木
        コンニャク、里芋、ミョウガなどの栽培ができしている場合もあります。

太陽光シェアリングと組み合わせる

耕作放棄地では、収益性が低いため、太陽光シェアリングと組み合わせることで、事業が成り立つ場合があります。

      sub-menu
top
農業委員会
耕作放棄地
                                                                                                 
    
ページのトップへ戻る