サイト名               農業の創業をお手伝いします。野菜・キノコ・流通      冬虫夏草一括買取付き栽培           

お米栽培


卸値

特Aクラス 250円~330円 ユメピリカ、コシヒカリ(産地指定)など
Aクラス 250円程度 あきたこまち、キヌヒカリ、夢つくし、ニコマル、森のくまさんなど
収穫量 2017年度 ①コシヒカリ、②ひとめぼれ、③ひのひかり、④あきたこまち、⑤ななつぼし、⑥きぬひかり、
認定農業者 お米専業の場合 25~30町以上必要

新規参入の計画

農地 購入・賃貸 農業者と認定されないと、所有できません。
研修 1~3年 農業大学、地域行政者やJAで受けられます。
農業法人や認定農業者のところでも可能
初期投資 農地を除く ①田植え機、②トラクター、③コンバイン、④乾燥機、⑤乾燥機、⑥軽トラ、⑦その他農業用備品
中古でそろえても、1200~1500万円ほどかかります。
資金調達 スーパーLなど 農業者向けの低金利、長期据え置きの融資があります。
認定農業者、認定新規農業者などの資格が必要です。

自社でお米栽培を実践してみての感想

①地域に入り込むのに時間がかかりました。参考になる項目を記載します。

キーマン・・・農業委員

地域の農地の状況を把握されています。空き予定農地などの情報を持っておられます。

水管理

水利権を確保する必要があり、地域に入って、農作業に係るいろいろな行事や共同作業に参加する必要があります。

農薬問題

自分だけ無農薬栽培しようと思っても、回りがいい顔しない場合も、「虫がよってくるから」とクレームが入ったりします。

ドリフト問題

また、近隣の田んぼからの農薬が入ってきたりもします。

販売

JAに出荷したら、キロ200円前後の場合も
自己販売を増やさないと収入を確保できません。

補助金

減反政策もなくなり、項目が少なくなりました。また、農家のグループでの支給もありますが、なかなか組めません。

お米価格推移

お米の販売価格と消費動向

      sub-menu
top
農薬問題
お米価格推移
消費動向
                       
    
ページのトップへ戻る