スマート・ネット株式会社

スマート・ネット株式会社

施設栽培天候異変にも負けない生産が可能です

MH-2

ガラスハウス/ビニールハウス

 ビニールハウスの最大の問題は、暖房コストです。またほとんど重油暖房ですので、CO2排出問題も抱えています。
施設栽培で栽培される作物 ●果菜類・・・トマト、パプリカ、ピーマン、キュウリ、ズッキーニ、ナス
●果実的野菜・・・イチゴ、メロン、スイカなど
●果実・・・マンゴー、バナナなど
●花き類・・・バラなど
栽培方法
いろいろ
①無機培地栽培・・・・ロックウールを培地としたオランダ型の栽培。植物工場によく見られる形態。
②有機培地栽培・・・ヤシガラなどの有機培地を使った栽培。高設栽培での利用も多い。
③隔離ベッド方式土耕栽培・・・肥料効率を良くし、病気を抑制する栽培
④土耕栽培・・・ビニールハウスの下で、直接栽培する方法。一番多い
暖房設備 ①重油ボイラー・・・燃料が一番安いことで、多くの農家が導入している。
ヒートポンプ・・・大型のエアコンでの冷暖房。冷房もあることで、寒暖差を人工的に作り、花芽のつきをよくすることができる。一時普及したが、メーカーの撤退相次ぐ。
その他・・・地熱利用、バイオマス利用、太陽光利用

<< 前のページに戻る